さいわいFC -[サッカー豆知識-サッカーの基礎知識]
@さいわい > サッカー豆知識 >サッカーの基礎知識
さいわいFC トップページ練習予定、試合予定試合結果写真/アルバムサッカーに関する情報

少年サッカー大会
少年サッカーの心得
キッズ・ハンドブック
サッカーの基礎知識

フリーキックになるのはどんな時ですか

フリーキックには直接ゴールをねらってもよい、直接フリーキックと他のプレイヤーがボールに触れるまでゴールを狙えない間接フリーキックがあります。
以下に有るような反則を犯した時、反則を犯した地点で相手チームに与えられる。
自陣ペナルティーエリアで犯した時はさらに重い罰則となり相手チームにはペナルティーキックが与えられる。

















1.直接フリーキック

  • ジャンピング・アット(相手に飛びかかる)
  • ファール・チャージ(相手に不用意に、過剰な力で
    肩などで相手を押す)
  • ストライキング(相手を殴る、または殴ろうとする)
  • プッシング(相手を手や腕でおす)
  • ファール・タックル(ボールを奪うためのタックルで、
    ボールより先に相手に触れる)
  • ホールディング(相手を抑えたり、つかまえる)
  • スピッティング(相手につばを吐きかける)
  • ハンドリング(ボールを意図的に手で扱う)
  • トリッピング(相手をつまづかせる、または
    つまづかせようとする。
  • キッキング(相手をける、またはけようとする。)
2.間接フリーキック
  • ゴールキーパーがボールを手から離すまでに、ボールを手でコントロールしている時間がに6秒を超える
  • ゴールキーパーがボールを手から離して、そして他のプレイヤーさわる前に、またそのボールに手でさわる
  • ゴールキーパーが味方プレイヤーによって意図的にゴールキーパーにキックされたボールに手で触れる
    (バックパス)
  • ゴールキーパーが味方プレイヤーからのスローインされたボールを直接、手で触れる
  • 相手プレイヤー危険にさらすようなプレーをしたばあい
    (相手プレイヤーのすぐ近くで足を高くあげてボールを蹴ろうとした、または相手プレイヤーが蹴ろうとしている低いボールに対してヘッディングしようとした)
  • ボールを触ることが出来ないような位置で、相手プレイヤーの進路を邪魔した場合
  • ゴールキーパーがボールを手から離すのを邪魔した場合
  • 今まで説明した違反、反則以外でイエローカード、及びレッドカードが出されるような場合
    (ルールの裏をかくような反スポーツ的行為、審判などに対して暴言をいう、シュミレーションなどの主審をだます様な行為)
イエローカードとレッドカード

イエローカードは次のような反則をした場合に出されます。
  • 反スポーツ的行為を行った。(スポーツマンらしくない行為)
  • 言葉または言動によって審判に異議を申し立てた。
  • 何度もくりかえし反則をした。
  • フリーキックなどでプレーを再開するときに9.15m離れなかった
  • 主審が認めていないのにフィールドに入った、または復帰した。
  • 主審が認めていないのにフィールドからはなれた。
レッドーカードは次のような反則をした場合に出されます
  • 著しい反則をした。
  • 乱暴な行為をした。
  • つばを吐きかけた。
  • 決定的な得点チャンスに手を使って防いだ。
  • 得点の決定的なチャンスを反則によって防いだ。
  • 乱暴や汚い言葉や言動をした。
  • 同じ試合の中で2つ目になるイエローカードの反則をした。